MENU

横田栄司さんはバツイチの経緯が独特・不摂生で体調不良か?心配の声続々

スポンサーリンク

俳優の横田栄司さんが、体調不良により文学座の舞台『欲望という名の電車』の降板を発表しました。

『鎌倉殿の13人』では和田義盛役でも人気ですね。

横田は、微熱と極度の倦怠感で医療機関を受診したところ肝機能障害と慢性疲労症候群の診断を受け、メンタルヘルスも不調の診断を受けたため、双方の医師と相談の上、降板することになった。

スポーツ報知9月9日

横田栄司さんは現在50歳。モテそうですが体調管理をしてくれる彼女はいなかったのでしょうか?

横田栄司さんについて見ていると体調管理には不安な一面が見受けられました。

スポンサーリンク
目次

横田栄司さん来歴

横田栄司
昭和46年10月11日生まれ
東京都出身
身長181cm体重80kg

東京都立青山高等学校卒業
1994年桐朋学園短期大学部芸術学科演劇専攻卒業
(高校卒業後のブランク期間は池袋の西武百貨店に勤務していたそうです。

横田栄司さんは、1996年から舞台を中心に活躍している俳優さんです。

『鎌倉殿の13人』以前にも2002年の『私立探偵濱マイク』の1話目に登場したのを皮切りに、

舞台の合間をぬって、いろんなドラマに少しづつ出ていました。

最近では『ソニー損保』のCMも結構なインパクトで迫力のあるコメディーを披露しています。

高身長で、彫りの深い顔。よく通る声。

どこで俳優の道に目覚めたのかなどの記述が見当たりませんでしたが、

舞台映えするルックスで、周りから勧められたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

横田栄司さんはバツイチ

2016年に、不倫と離婚の同時告白という見出しのニュースが報じられたことがあります。

現在はほとんど削除されて閲覧できませんが、ネタ元は『痛快えみちゃんねる』に出演した際の告白。

舞台『タイタス・アンドロニカス』の出演のためにロンドンに滞在した10日間の間で、

イギリス人女性と恋に落ちたそう。(吊り橋効果?)

その女性が忘れられず、10ヶ月後彼女と再会するためにロンドンへ向かうと、

彼女の隣にはすでに違う男性がいたそうで、失恋。

しかも、イギリス人女性と再会までの期間に、布団に隠れてこっそりメールのやり取りをしていたところを嫁に見つかり・・・

エ?嫁に見つかったということは不倫だったんですね(笑)

この遠距離不倫?も一因となり嫁とは離婚。ロンドンへ行くなり失恋・・・

舞台の公演時期からすると、告白時にはすでに10年ほど経っていたようです。

古傷が癒えて笑いに変えられた頃なのでしょうかね。

当時の奥様との間にお子様がいたかどうかの情報は見当たりませんでしたが、

結婚していたことすら、メディアが知ったのはこの時。子供さんがいてもおかしくはないですね。

スポンサーリンク

横田栄司さんは不摂生?

横田栄司さんは現在50歳ですが、舞台は稽古も含めて体力・気力共にかなりハードな世界です。

腹の底から出すような声。世界的な名作シェイクスピアの日本版など、迫力のある舞台が多い文学座。

そんな横田栄司さんの私生活などの発信は、現在はブログからTwitterに移行し、

ブログ時代ほどプライベートに触れる話が出る機会が減っていますが、

長年、横田栄司さんに染み付いた生活習慣はなかなか変わらないと思われます。

舞台稽古はストイックは一方、食生活は若干おろそかな印象で、ある日気になる投稿が見受けられました。

2008年なので、横田英治さんは離婚して一人暮らし。男性の一人暮らし生活にも慣れてきたであろう日の投稿です。

寝坊して食事すんの忘れてました。とゆーことは、ゆうべのトルティーヤチップスの栄養で今日芝居してたんだね。で、山盛りナポリタンを作りました。

http://blog.livedoor.jp/russety/

その後も2012年には、「昼間はクレープ、夜はバー」

と・・・写真付きの投稿も。体格の割に食べてる様子が乏しい・・・

横田栄司さんのブログより

横田栄司さんは、忙しい合間も大好きなヤクルトスワローズを観戦したり、

共演者さんたちとのお酒の席は多そうですが、あまり食事には頓着がなさそうです。

そんな生活を続けながらも、横田栄司さんは舞台をこなしたりしているので、体力に自信があったでしょう。

それでも50代に突入し、急な体調不良は今までの無理と不摂生が牙をむいたかもしれません。

しっかり養生して、これからも素敵な役者さんを続けるために身体を見直す機会にして欲しいですね。

スポンサーリンク

きっと大好きなお酒も今後は少し控えないといけなくなりそうな横田栄司さん。

これを機会に、お料理作りなんかの腕前が上がって、エプロン姿のイケオジ姿も似合いそうです。

早く元気になって欲しいですね。お大事にしてください。

スポンサーリンク
目次