MENU

【炎上】白井審判はクビ確定か。佐々木郎希への洗礼?に非難の声

白井一行球審の態度が酷すぎると話題になっています。実は過去にも選手とのトラブルが絶えず、

「審判も人間だから」「(判定で)プロの厳しさ教えてやったぜ」と言った、耳を疑いたくなるような審判方法があるようです。

そして、今回の佐々木郎希のボール判定には、「やっぱり白井か!」「また白井か!」と言う声まで聞こえてきます。

果たして白井球審はクビになるのでしょうか?注目が集まっている佐々木郎希の今後の活躍に影響はないのかなども合わせて、みていきたいと思います。

スポンサーリンク

白井くんらしい!?

佐々木郎希も白井審判の洗礼
白井球審

過去にも異次元のストライクゾーンを持つ球審と言われ、気に入らない選手は退場にさせるとの定評がある白井球審

白井一行
1077年10月3日
兵庫県明石市出身
1997年2月1日パシフィック・リーグ審判部入局

 ストライク、ボールの判定に不満そうな態度を見せた佐々木朗に対し、注意をしに向かったとみられるが、この場面について、NPB元審判部副部長の五十嵐洋一氏は「白井くんらしいなと思いましたよ。彼は真面目で熱いところがありますから。ただ、何かあるとパワハラだとか言われる今の時代だとどうなのか…」。

 五十嵐氏は続けて「私が現役でやっていたころなんて、しょっちゅうありましたよ。ボール判定を不満に思い、私のほうを振り向いた捕手に対して『前向いてやれ!』と一喝したり、やじを飛ばしてきたベンチに『文句たれんとやっとけ!』と注意したこともありました。あんまり頭にきたときには『次にど真ん中投げてきてもボールにしてやろう』と思ったこともあります。どんな状況でも冷静、正確に判定しなければいけないのが審判ですが、そこは私たちも人間です。私たちの先輩審判たちの時代には『(判定で)プロの厳しさを教えてやったぜ』なんて話も聞いたことがありますし、白井くんにはそんな昔ならではの審判気質が残っているのかもしれませんね」。

 とはいえ「今回は相手が注目されている佐々木投手ですから、批判の声はやまないでしょう。そもそも若い選手にプロの厳しさを教えるのは審判の仕事じゃありません」と、今後の展開を心配していた。

東スポWeb

元々高めのストライクゾーンを持つ白井球審。とはいえ、問題はそれだけではないですね。

『彼は真面目で熱いところがありますから』と言われても、真面目さを履き違えてるような気もします。

まして、五十嵐副部長の言う昔の審判の風潮には驚きと共に、「でしょうね」と言ったシーンもプロ野球界には数多く残ります。

そして審判に詰め寄るシーンも数多く、場合によっては審議も行われ、審判内容が翻ることもあります。

ただ・・・白井球審の場合は審議の前に選手に退場を宣告することが多目なんですよね。

佐々木郎希選手が退場処分にならなくて本当によかったです・・・

スポンサーリンク

NBPのご意見箱へ抗議の声を送るように呼びかける人まで出てきています。

試合後は「答える必要はない。いっさいコメント無しです」と話しているという白井球審。

審判生命はこれで終わってしまうのでしょうか?

過去に楽天の山崎武司選手が退場に追いやられた際の動画がありましたので貼っておきますね。

スポンサーリンク
目次

佐々木郎希選手を心配する声

昨日の佐々木選手は、2回2死一塁で2安打からの3球目がボール判定。

ここで不服そうな表情をしたと白井審判に詰め寄られ、その後は誰が見ても明らかに不調でした。

白井球審に詰め寄られた一件で、動揺していたのは明らかです。

世界的にも注目されている佐々木郎希へのボール判定は、審議し直すべきだったのではないでしょうか?

元プロ野球選手の川本良平さんも今回の白井審判員の態度についてツイートを投稿しています。


スポンサーリンク

大人の対応!松川選手も話題

鬼の形相で佐々木選手に詰め寄る白井球審を捕手の松川虎生選手が慌てて止めに入ります。

18歳の松川捕手が一番冷静な対応をしたと言う世間の声が多数あります。

松川選手が止めに入っていなかったらどうなってたんだろうと思うと本当に恐ろしいですね。

スポンサーリンク

白井球審は審判会を去るべき?

たとえ人間とはいえ、お金を貰って正確なジャッジを求められるのが審判員の仕事だと思います。

ある意味かなり有名な審判員である白井一行球審。今後はさらに野球ファンの目が厳しく向けられることになるでしょうし、ストライクゾーンの見極め方も見直したほうがいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク
目次