MENU

【追悼】C-C-B笠浩二(60)の死因・最後は車椅子で独身生活だった

【追悼】C-C-B笠浩二(60)の死因・最後は車椅子で独身生活だった

『Romanticが止まらない』が大ヒット。ピンクの髪でドラムを叩きながらハイトーンボイスで歌う姿が印象的な、笠浩二さんが亡くなられたそうです。

60歳でした。とても早い気がしますが、近年は車椅子生活だったんだとか。

同じくC-C-Bの渡辺英樹さんも2015年に55歳で亡くなっていますが、人気バンドだったC-C-Bが2人めの訃報とは驚きですね。

ここでは笠さんの死因と、晩年の生活についてお知らせしたいと思います。

笠浩二さんの死因

公式サイトで「C-C-B のメンバーでドラム・ヴォーカルを担当した笠浩二は、7月末より持病の糖尿病の療養のため入院しておりましたが、脳梗塞のため令和4年12月14日(水)18時23分に満60歳にて逝去いたしました。ここに生前のご厚誼に深く感謝し、謹んでお知らせ申し上げます」と伝えられた。

ORICON NEWS

7月末からの入院とはいえ、糖尿病の治療で4ヶ月以上に及んで入院生活とは考えにくいので、

入退院を繰り返していたのではないかと思います。

17日に葬儀が行われたとのことですが、14日死亡で翌日は友引。通夜式葬儀が16日、17日で行われたようです。

糖尿病の治療を続けていたにもかかわらず、脳梗塞を発症。かなり重度の糖尿病だったと思われます。

笠浩二さんの体調について、もう少し詳しい記事がありました。

音楽活動は続けていたようですが、一方体調は20年以上前から不安定だったようです。

1999年に笠さんは、先祖代々の土地である熊本県南阿蘇村に移住。その2年前に同じく移住していた笠さんの両親と同居することになった。親族に支えられながら、自然豊かな阿蘇で健康的な生活を続けていたこともあり、徐々に身体も回復。地元で音楽活動を再開し、交流を続けていた『C-C-B』の元メンバーとも2002年ごろからセッションを行うようになったという。

NEWSポストセブン

1999年の故郷の熊本県南阿蘇村に移住前は、不規則な生活と、精神的ストレスが要因で摂食障害も発症し、体調を崩していたそうです。

移住直前は脚気で歩くこともままならない状態だったと言います。

脚気の症状をメディカルノートで見てみると、

脚気とは、ビタミンB1が不足することで発症する病気です。疲れやすい、食欲不振、倦怠感けんたいかんなどの症状が現れ、神経や心臓に関連する症状が現れることもあります。


メディカルノート

アルコール依存症なども要因のようで、不規則な生活・摂食障害と、笠浩二さんがかなり精神的に滅入っていたことが想像されます。

それでも、南阿蘇村に移住してからは体調も回復し、音楽活動を再開するまでになったようです。

2005年に『電車男』の挿入歌に『Romanticが止まらない』が起用されたときは再びメディアがC-C-Bを取り上げることもありましたが、

人気絶頂時、ふくよかな印象だった笠浩二さんは、なかりほっそりして見えましたが、そんなに体調が悪いようにも見えませんでした。

笠浩二さんはバツイチで家族がいなかった

晩年の笠浩二さんを支えたのは米川英之さんでした。

米川英之さんは、派手な髪色で目を引いたC-C-Bのメンバーの中で唯一髪を染めず、目立たない印象が逆に目立つギタリスト。

音楽活動をする時、両親との約束で毛染めやピアスをしなかった米川さんですが、今年の夏に車椅子に座る笠浩二さんの横では、アクセントカラーが入っていますね。

米川英之さんは、C-C-Bのメンバーの中で唯一、笠浩二さんを支え、一緒に音楽活動を行なっていました。

実は笠浩二さんは人気絶頂だった1990年代にはすでに奥様がいました。

2009年には、笠浩二さんが生きてるのか?と言った内容で放送された『売れなきゃよかった…金告SP』という番組で、

C-C-Bの解散と同時くらいに離婚したという話をしています。

人気絶頂にありながら、女性タレントやファンに見向きもしなかったのは奥様がいたからなんですね。

当時は一番奥手キャラなのに、結婚してた!と驚かれましたが、奥手キャラは本当のようで、

離婚後は、再婚するような女性とも巡り会えなかったようです。

奥様の情報はこれ以外にありませんし、子供がいたとの話もないので、

子供さんの存在については不明ですが、不明ということは居ない可能性の方が高いですね。

C-C-B

C-C-Bの解散後、田口智治さんの違法薬物での逮捕。現在はもちろんやっていませんが、体調は良くないようです。

一足早くC-C-Bを脱退した関口誠人さんも、2007年には心筋梗塞、2019年にはアルコール性肝疾患を患っています。

すでに渡辺英樹さんが亡くなり、笠浩二さんまで。とても短命な気がします。

C-C-Bで逆に異彩を放っていた米川さんだけは、スキューバーダイビングをするなどとても健康的で、

現在も58歳とは思えない若々しさを保っていますが、笠浩二さんの件でショックを受けていると思いますが、

他のメンバーの分も元気に頑張ってほしいですね。

話はそれましたが、笠浩二さんのご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク