MENU

【2022年版】戦争の予言を振り返り。ノストラダムスも未来人も?

ロシアのウクライナ侵攻が日々過激化を増しています。世界各国で反戦デモが行われ、両首脳の話し合いも並行線ですが、渦中のゼレンスキー大統領も対抗姿勢を崩さないのでヒヤヒヤします。

悲しい事ですが、避けられなかったのか、既に予言として、ノストラダムスが戦争について、示唆していたり、
一昔前、2ちゃんねるで話題になった2062年からきた未来人も第3次世界大戦があるかどうかについての質問に答えていました。
その内容は?日本はどうなるのか分かりやすく、みていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

ノストラダムスは何を予言していた?

のすとあらダムスの予言書

1999年世界終末説が終わり、「ノストラダムス当たらなかったね〜」の世の中がお気楽モードになって20数年・・・
そもそもこの噂が流れたのは、1973年に刊行された『ノストラダムスの大予言』と言う翻訳(解釈)版が日本で250万部以上売れたことが発端でした。

ノストラダムスの予言書の解釈は、今でも一部の学者、関係者の間で研究されており、新説がどんどんアップデートされています。

そして既に2016年の『ドナルド・トランプ大統領当選』や、2019年の『ノートルダムの大火災』なども予言されていたとされています。

百詩篇第5巻 60 
剃り上げられた頭にとって、まさに悪い選択となるだろう
彼以上に非難される者が門を通過することはないだろう
彼はあまりにも強い憤りを口にするだろう
全体の性が火と血とで引き裂かれるほどに

ハフポストより抜粋

上記の詩がアメリカの前大統領、ドナルド・トランプ氏のことを示唆したのではないか言われていますが、

ノストラダムスが残したものは、あくまでも『詩』であり、その解釈が様々で、

1999年7月に『恐怖の大王』が降ってくるらしいから地球が終わる!と単純解釈されていたり、

また、恐怖の大王を予兆するように、阪神大震災やオーム心理教など、なんだか不穏なニュースがあったのもノストラダムスの大預言が当たるかも?と思われる背景だったように思います。なぜか日本限定の解釈・・・

では、ノストラダムスが何と言ったことが、今回のロシアによるウクライナ侵攻のことを詩っていると言われているのでしょうか?

予言研究家の白神じゅりこ氏は「ノストラダムスの予言にはまだまだ続きがある」と言う。

中略

「『闇の3日間』は一部のカトリック教徒に信じられている終末の予言です。ノストラダムスはそれを示唆するような予言詩をいくつも残しています。キリストから直接、啓示を受けたというイタリアのピオ神父という人物もこう言い残していました。『完全な暗闇の中で、3日間、生きられるように準備せよ。その日が訪れるときは近い。その3日間で多くの人びとは食べることも飲むこともできずに死んでしまうだろう。光が戻っても、多くの人はそれを目にすることもかなわない』。その前兆となる現象がいま、世界中で起こっています」(白神氏)

中略

●第3次世界大戦の勃発
ロシアによるウクライナ危機、米中の対立により全面核戦争が始まる。
●小惑星シャワーが襲来
’22年、ふたご座流星群がピークを迎える。その一部が隕石として地球を襲う。
●ノアの大洪水が再び起こる
世界中で異常気象による大規模水害が頻発。核戦争や巨大な地震や噴火などで大きな地殻変動が起こることで、異次元の気候変動が誘発される。
●米ドル市場の崩壊
投資家が米ドルを金、銀、仮想通貨に替えるという動きが活発化。新型コロナウイルスの影響による業績悪化で倒産する企業が続出し、NASDAQも暴落。ドルが深刻なインフレに陥る。

FRIDAYデジタルより抜粋

『闇の3日間』とか、不穏ワードで、マイナスイメージの解釈が4つ並んでいますが、第3次世界大戦については、相対性理論のアインシュタインも予言していると言われていますね。

記者「第3次世界大戦が起こったら、どのような兵器が使われると思いますか?」
アインシュタイン「第三次世界大戦についてはわかりませんが、第四次世界大戦ならわかります。石と棍棒でしょう」

『アインシュタイン150の言葉』より抜粋

アインシュタインに至っては断言しているようですね。

話は戻ります。『闇の3日間』とはいえ、ウクライナ侵襲が始まって既に3日は超えています・・・・

そして、この闇の3日間が、隕石や災害という説を唱える人もいるのですが、今回お伝えする解釈とは別の話になるので今回は避けますね。

ノストラダムスの解釈にしろ、アインシュタインにしろどちらの予言も言いたいことは

「戦争は避けなさいよ。さもないと物資的にも経済的にも大打撃しかありませんよ」

と言うことだと思います。未来は変えられる。予言通りに過ごすのも、避けるのも今を生きる人間次第ということですよね


スポンサーリンク

2062年からきた未来人は何を語った?

タイムトラベラーのイメージ

みなさんは『2062年氏』をご存知ですか?2010年の11月ごろ突如、当時の人気掲示板『2ちゃんねる』のオカルトスレに現れ、
「2062年から来たけど、なんか聞きたいことある?」と書き込んだ人がいたんです。

都市伝説的に今でも一部で語られていますが、どうも、2010年の1ヶ月間質問に答えた人は本物の未来人で、その後現れた未来人と名乗る人物は、偽物だったと言われています。

当時は2ちゃんねるに「俺〇〇だけど、聞きたいことある?」といったスレの始まりも流行っていました。

未来から来た人だと名乗られたら、質問めっちゃありますよね?ただ、この未来人は氏名、年齢、所在地などは全て非公開でしたが、日本人であることは間違いないと言われていました。

当時のスレ

早めにゆっくり休むとする。明日から2日間、24時間体制で秘密調査に出掛ける。今の日本(2062年)に必要で採取しなければならない生命体がある。だからコンピューターに触る機会がない。火曜日の夜に出現する。また来てくれ。

(2010/11/14)

今から答えようと考えてはいるが、全てではない。

歴史上の記録(資料持参を絶対にしてはならない為、自分の記憶になる)

をそのまま書き込むことになる。記憶の多少の誤差(微妙な数値など)は勘弁してくれ。

思い出せない事には答えないでおこう。いい加減な歴史を書くよりいいだろう。

あと、洩らすことが許されない情報がいくつも存在する。

例えば、株式で莫大な利益を得る事に少しでも抵触する可能性があれば×

質問の理由が何であれ、これは私で判断する。先日少し触れた人口動態的変化に纏わる事も×

このような決まりがいくつもある。ダメなものは駄目なのだ。

あと答える時間がバラバラになる。忙しい。でも極力24時までに答えようではないか。

(2010/11/16)

怖いお話.net

秘密調査のために来たと言う未来人『2062年氏』悪戯にしては出来過ぎでした。ただ当時も悪質な悪戯とする説も多かったです。

2010年に、2日間、何について調査して何を採取して帰ったのか謎のままです。

そんな中、第3次の戦争についても質問した人がいるんです。

Q.世界大戦ありましたか?

A.世界大戦は1回あった。第三次世界大戦。

(2010/11/14)
Q.2030年代に予定されている第三次世界大戦なんかも情報あればよろしく。

A.第三次世界大戦は2030年ではない。もっと早いぞ。

(2010/11/14)
Q.第三次世界大戦は日本も参戦しますか?核は使用されますか?

A.勿論参加した。日本はブチ切れたぞ。 核は日本は使わないが・・・

(2010/11/14)
Q.第三次世界大戦で日本はどの程度被害を受けるのか?

A.核は落とされない、とだけ言っておく。

(2010/11/16)

怖いお話.net

日本は何にブチ切れたのでしょうか?ガソリンの高騰?コロナが治らない事???

ブチギレて戦争に参加するなんて。憲法第9条はどうなったのでしょうか?

スポンサーリンク

Q.第三次世界大戦はどことどこの戦争なのか?

A.これはアジア全域、アメリカ、ロシア、一部ヨーロッパ、そして中東各国。

(2010/11/16)
Q戦争で生物・化学兵器は使われるか。それは日本で使用されるか

A.大半が化学兵器。日本ではない。

(2010/11/21)

怖いお話.net

要約すると、第3次世界大戦はインドが鎮圧を図り、日本には敵国が上陸することも無く、第3次世界大戦の発端はアジアの2カ国だと言う事でした。

他のソースも見てみたい方は『怖いお話.net』へどうぞ。

世界情勢が混乱の中にあり、ロシア、ウクライナ問題がアジアに端を発していないかと言うと一概に全く関係が無い事はないと思いますが、今回の侵攻が直接的に世界戦争を巻き起こす事は無さそうな気がします。(未来人の言う事が本当なら避けられそう)

スポンサーリンク

日本はどうなる?

アインシュタインは、「我々は神に感謝する。日本という尊い国を作っておいてくれた事を」と語ったことがあると言います。

「日出る国」(日本)が世界の救世主になるようなことが書かれた書物や信書も少なくないと言われています。

今の日本を見ていると、ちょっと想像できないですが、何か世界平和のために神がかった奇跡を起こすことがあるのでしょうか?

とにかくウクライナの人々が1日も早く恐怖と悲しみから解放されるように祈ることしかできません。

スポンサーリンク
目次